知ってましたか?コラーゲンを食べても全部コラーゲンにはなりません。

肌の潤いやハリを保つためにはコラーゲンが必要だと言いますね。
どうしてコラーゲンが必要なのでしょうか?

実はコラーゲンは、身体の内臓や筋肉、血管などを守る働きをするためにあるたんぱく質の1種なんです。
肌のためだけに存在しているわけではないのですが、
皮膚の中の細胞を支える働きもしています。

よってコラーゲンが減少してしまうと、
肌のハリや弾力が失われてシワが増えていくのです。
コラーゲンに影響を受けていたヒアルロン酸もなくなって、
肌の保水力が失われて乾燥肌になり、たるみを誘発するでしょう。

つまりコラーゲンが不足した肌は、
空気が抜けかけた風船のようにシワシワになってしまうかもしれません。

コラーゲンは加齢によってどんどん減っているので、
積極的に食べ物やサプリメントやドリンクなどを取り入れている人もいるみたいです。

しかし、コラーゲンは食べても意味がないっていう話もよく聞きますね。

確かに口から入った食べ物は胃で消化され、形を変えて大腸や小腸に送られます。
だからコラーゲンを食べても全部がコラーゲンになるのでないのです。
コラーゲンを食べても、単にたんぱく質を補強するだけかもしれません。

実際のところどうなんでしょうね。

最近では、あるコラーゲンを摂取する事で、
体内に新しいコラーゲンが生み出されるという実験結果があるようです。
もちろん摂取するコラーゲンは何でも良いわけではありません。

例えばすっぽん鍋のようなコラーゲンたっぷりの料理は高いだけで、
食べてもあまり効果はないみたいです。
翌朝肌がツヤツヤする感じがしても、
個人差あったりフラセボ効果のせいもあって、気休めに過ぎないかもしれません。

もし摂取するのであれば低分子化されたコラーゲンがおススメです。
体内に吸収されやすいコラーゲンは、
低分子化されたコラーゲンとされていて、
普通にコラーゲン入りの食品を食べるよりは吸収が良いとされています。
取り入れたコラーゲンが全てコラーゲンになるわけではないかもしれませんが、
それでも吸収率は良いのではないでしょうか。

また摂取する方法によって効果が高まる場合もあるみたいで、
ビタミンCを一緒に取るとコラーゲンの生成を促すと言われています。

それから新陳代謝が上がっているお風呂上りや、
22時~2時がホルモンの分泌が盛んである事から、
就寝前に摂取すると良いと思いますよ!

 

 

wakagaeri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>