紫外線は浴びていいことは一つもあありません!

一般的に、紫外線は肌にとって良くないと言われていますね。
でも紫外線が一体どういうもので、
どのように肌に悪影響を及ぼすかは知らない人も少なくないようです。

紫外線対策の事はUVケアと呼ばれていますね。
紫外線には、UVAとUVBとUVCという種類があります。

UVAは、皮膚の真皮に浸透して大切なコラーゲンなどを壊してしまう紫外線です。
このUVAは、日差しに関係なく曇っている日でも、
ガラスを通して身体の内部に入ってきます。
だから曇っている日でも、紫外線対策は必要だと言われているんですね。

またUVBという紫外線は、
夏の強い日光の下にいる時に起きてしまう日焼けの原因物質です。

UVBは肌の中に入ってくると活性酸素を作り出してメラニン色素が発生します。
このメラニン色素は、メラノサイトというメラニンを生成する細胞に影響を与えて、肌に赤い炎症を起こしたり、日焼けを導いてしまいます。

そしてこのUVBはきちんとケアしなければ、
シミやそばかすやシワの原因になります。

ずっと紫外線を浴びていると、肌は傷つき、
過剰なメラニンを作りだしてしまうかもしれません。
それだけでなく、紫外線は肌の内部に侵入して、
自己免疫力を低下させて病気の発生率を高めてしまう可能性もあります。

紫外線はほんの数分だけ浴びたとしても、影響を受けてしまうので、
日常的に紫外線対策はきちんとしておいた方が良いでしょう。

紫外線対策として日常的に使用するには、
SPF30くらいの日焼け止めが良いと思います。
海や山などのレジャーに出かける時はSPF50でも良いかもしれません。
汗などで流れた場合は塗り直さなければなりませんが、
普通は1度塗れば8~10時間くらいはもつと言われていますよ。

ただ長時間使っていると肌が乾燥しやすくなるので、
日焼け止めを選ぶ際は、SPFの数値だけでなくて保湿効果などある物が良いですね。

生きている限りは紫外線の影響は避けることはできません。
なので、上手に紫外線予防をして、
少しでも肌へのダメージを防ぐようにしていきましょう。

 

 

wakagaeri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>