アルツハイマー病にならないためにはどうすればよいのか!?

アルツハイマー病は脳が委縮することにより、記憶力や思考力が衰えてしまうといわれています。さらに64歳以下で起こる認知症であり、若い人は18歳から発症するといわれています。そんなアルツハイマー病にならないためにはどうすればよいのでしょうか。

今、注目を浴びているのが、アルツハイマー病による認知症の改善にはココナツオイルが良いといわれています。

アルツハイマー病は記憶や思考能力がゆっくりと障害を受けてしまい、日常生活の行為が難しくなってしまう病気です。幻覚や妄想、徘徊などの症状がある高齢者の認知症は最も多いといわれています。

脳の神経が変性して脳の一部が委縮するのですが、原因はわかっていないといわれています。しかし、ココナツオイルを摂取して改善する食事療法などがあります。

実際にアルツハイマー病は脳の中にBアミロイドというたんぱく質が溜まりだしてしまうことが原因の一つと言われていますが、これが脳全体に蓄積することにより、正常な神経細胞が変化してしまい、脳の萎縮を進行させてしまうのです。

また、食事が大きくかかわっているといわれていて、アルミニウムが原因となっているともいわれています。実際にアルミ缶の飲料水などを口にする機会が多い人は、認知症の症状を引き起こしてしまうといわれています。

普段から、ココナッツオイルを気軽に摂取できるような食事を心がけることにより、予防や対策を行うことができます。実際に米国の小児科の医師が、アルツハイマー病を発症している夫に摂取させたところ、4時間後の認知機能検査で改善がみられています。会話能力なども向上して、夫の認知障害の進行を食い止めることができたといわれているのです。

今の時代は、ストレス社会となっているので、心の病気などからうつ病を発症させてしまい、アルツハイマー病に繋がってしまうことも考えられているので、何よりも日常のストレスは自分なりの発散方法を見つけるようにして解消していくことも大事なことです。

wakagaeri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>